東方道草飛脚

同人ゲーム「東方project」の最新情報や設定や考察などを掲載してる個人ブログです。 個人的な事や感想もかなり書いてます。

カテゴリ: 書籍

「東方外来異変 2018 Spring!」の特典のクリアファイルのイラストは黒谷ヤマメですね今年で地霊殿が10周年なので地霊殿体験版のCDイラストのヤマメが選ばれたんでしょうかね前回のゲーマーズの特典は風神録体験版のCDイラストの秋穣子 と秋静葉でしたイラストは外来異変の幻 ...

『三月精』『儚月抄』『茨歌仙』『鈴奈庵』の全てに登場しているキャラ八雲紫 もそうなんですが紫に関しては紫香花から文果真報までの全ての書籍に登場してますしね紫と自機勢や背景キャラ以外で、ほとんどのストーリー漫画・小説に登場しているキャラとは『森近霖之助』ス ...

『東方儚月抄』ストーリー漫画、小説、4コマ漫画の3つに分かれておりそれぞれサブタイトルが違いますその内の4コマ漫画の『東方儚月抄 〜 月のイナバと地上の因幡(通称:うどんげっしょー)』のみが「原作:ZUN」ではなく「原案:ZUN」となっております原作ではなく原案なので ...

これまでは出た順番を表すのに『壱(1) 弐(2) 参(3) 肆(4)』といった大字(単純な漢数字の代わりに用いる漢字)が使われていましたが今回は『伍(5)』ではなく『2018 Spring!』年と季節に変更されてますこっちの方が分かりやすいですねZUNさんと海豚さんの憑依華開発者対談が一 ...

無料で公開された三月精VFSを読んだ感想を書いていきたいと思います第9話「大寒の灼熱炎祭り」舞台は大雪に見舞われた魔法の森ですね瘴気を溜め込んだ不吉な森で幻想郷屈指の危険地帯である。あまりそういう描写はありませんがやっぱり危ない場所なんですね、そこに住む魔理 ...

こちらのリンクからすぐ読めますComicWalkerhttps://t.co/9XRYlvaDoMニコニコ静画 漫画https://t.co/tZJeas6urLタダで読ませてもらってもいいんでしょうかね?単行本が出たら買ってますけどありがたいですねさっそく読みます、読みましょう ...

東方七不思議の一つの春河もえ先生一体何者なのか?『東方鈴奈庵』や深秘録と憑依華のイラストを担当した春河もえ先生春河もえ先生はtwitterやpixivをやっておらず、個人で同人活動をしてる話も聞きません現在はコンプエースで「異議ガール」という漫画を連載してるそうです ...

次次回は2巻の最後の話になり特別感のあるお話になっているまたあの方が登場してビックリなお話になっているあの方とは一体誰なのか?登場して驚くキャラであの方呼びって事は格の高いキャラなんですかね再登場と言うのは第4部内での話だと思うので出るとしたら四季映姫様で ...

東方茨歌仙のサブタイトル『 Wild and Horned Hermit.』和訳すると!“荒々しい有角の仙人”このサブタイトルがどういう意味なのかは理解できませんね仙人はおそらく茨木華扇のことでしょうが今日は節分ですが華扇も豆撒いて屋敷の玄関に鰯の頭と柊の葉でも飾ってるんでしょ ...

第1話「神社を動かす妖精達」第三部でも霊夢は雪の中に仕込まれた爆弾食らってましたよね三月精は爆弾をよく使うんですかね三月精で人間の里が舞台となったのは初めてでしたかね?妖精視点の人里は東方で初めてですね新しい妖精の被害を調査するために話しやすい奴中心に聞き ...

『東方三月精〜Visionary Fairies in Shrine.1』の見本と「三妖精」の限定フィギュアが公開されました。こう実物の写真を見るとテンション上がりますね。限定フィギュアの箱やっぱりでかいですね。ああー、すげぇかわいいサイズ感といい最高ですね。普段フィギュアやグッズは ...

本居宣長(もとおり のりなが)江戸後期の国学者・文献学者・医師号(ペンネーム)は芝蘭、春庵、鈴屋国学の発展に多大な貢献をした人物本への熱意子ども頃からの本好きで家業を手伝うも、読書に熱中していた。『古事記』の研究に取り組み、35年間を費やして当時の古事記の集大成 ...

東方三月精の最新話が無料配信されました。 ↓下のURLから読む事ができます。 【comicwalker】すぐに読めます。https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_KS04000024010000_68/ 【ニコニコマンガ】 ニコニコアカウント必要。 http://sp ...

この記事は、紺珠伝のエンディングの会話についてのネタバレ?があります。 クリアしたか諦めたか、持っていなければぜひ買いに行って遊んでから見て下さい。                    この先、38万キロ                                 ...

↑このページのトップヘ