IMG_3933

憑依華の紫のテーマ
憑坐は夢と現の間に ~ Necro-Fantasia
この曲は後半パートがZUNさんによるネクロファンタジアのセルフアレンジなんですが

東方ネットサーフィンをしていたところ、この曲の中には
夢と現の境界二つの世界のフレーズが入ってるという書き込みを見つけました



夢と現の境界』夢違科学世紀収録
二重の境界を持った曲だそうです
前半が夢で後半が現実を表した曲とのこと

二つの世界』三月精2部 3巻CD収録
外の世界っぽさと幻想っぽさを混ぜて紫のイメージをトッピングした曲



どちらも紫と憑依華に合った曲ですね


この2曲が入っているとの書き込みを見て、本当なのか確かめたくなったので聴き比べてみたんですが
 
全然分からなかったです(永夜の報いと満月の竹林ぐらいじゃないとね)

『二つの世界』は似たようなフレーズがあった気がしたんですが、気がしただけかな?
『夢と現の境界』に関してはさっぱりです
IMG_3934



じゃあ何で記事にしたんだよとなりますが

理由は検証者を増やしたい(本当か確かめたい)からです
現状、検証者が少ないので増えればその分真相に近づくんじゃないかなと

という訳で気になる人は是非聴き比べて下さい(視聴者参加型



ZUNさん曰く、意識せずに曲が似ることもあるそうなのでその可能性も十分にありえます

本当にアレンジなのかどうかは自分の耳で確かめよ!(攻略本)




 



『憑座は夢と現実の間に』を聴いて、『夢と現の境界』と『二つの世界』のフレーズが入ってると感じて書き込んだって事は
この2曲がちゃんと頭に入ってる人だという可能性が高い

この2曲は東方の曲の中でメジャーな方かマイナーな方かで言えばマイナーな方だと思います(曲の良し悪しではなく知名度の話)

その2曲が頭に入ってるということはかなり東方の曲が好きな人、音楽耳をお持ちの方かも知れません
そんな人の書き込みだったとしたら信憑性も増すんですけどね


憑座(よりまし)と読むらしいです
霊を乗り移らせる対象の事だそうです
憑依華でいうマスターとスレイブの関係性ですね