萃夢想 ラスボス『伊吹萃香』種族:
天空璋 2面ボス『坂田ネムノ』種族:山姥

この関係性のない様に思われる2人ですがキャラの元ネタを辿っていけば直接的にではないですが関係性があるようです。
それでは2人の元ネタ(元ネタと同一視して良いのかは分かりませんが)を見てみましょう。


伊吹萃香の元ネタ『酒呑童子』

まず『酒呑童子(しゅてんどうじ)』とは、

鬼神と恐れられる伊吹の弥三郎と、近江の大野木の娘の子『伊吹童子(いぶきどうじ)
鬼子として恐れられ伊吹に捨てられ、 伊吹大明神の庇護下で育って術などを覚えるが、乱暴者に育ったため伊吹山を追放される
やむを得ず比叡山に行くが、仏僧と山王権現の力に敗れたため、逃げた先の大江山に岩屋を立て棲み付く。
後、酒呑童子と呼ばれ畏れられるようになる。

酒呑童子は名前からわかる通り大酒飲みだったそうな

京都に上った酒呑童子は茨木童子をはじめとする多くの鬼を従え、様々な悪行を働いた。
そのため帝の命により、源頼光らを中心とした討伐隊を結成し討伐に向かった。
姫君の血や人肉をともに食べ安心させたのち、頼光が酒呑童子に毒入りの酒を飲ませ、動けなくなったところを刀で首を切り落とし討伐した。(諸説あり)

首を切り落とされてもなお抵抗して来たそうですよ、怖いですね

この源頼光を中心とした酒呑童子討伐隊の中には『坂田金時という人物がいた。



坂田ネムノの元ネタ『坂田金時』

坂田金時』とは源頼光の家来で子供の頃の名前は『金太郎』である。
あの熊と相撲を取った『金太郎』である。
その力量が認められ源頼光にスカウトされたと言う

そして、金太郎の母親は
『山姥』という説が存在する。

坂田ネムノ』の『坂田』の姓は山姥の子供であるとされる『坂田金時』が由来である事がわかる。
天空璋の中でもネムノは魔理沙に対して

「まるで伝説の金時みたいな人間じゃな」

などと発言している。

『坂田金時』の事を伝説呼ばわりしてる様子を見ると山姥の間は特別な存在なんでしょうかね。

『坂田ネムノ』と『坂田金時』の関係性は
・坂田金時の母親(言動的になさそう?)
・坂田金時の子孫
・山姥の間で『坂田』の姓が多いだけ
・名前の元ネタなだけだから深い関係はない

考えるとキリがありませんが現状では名前の元ネタという事以外は何の情報もありません。



山姥の子供という伝説が残された
坂田金時』それと同じ姓の『坂田ネムノ

源頼光や坂田金時らに討伐された
酒呑童子』が元ネタの『伊吹萃香



東方の世界ではキャラを元ネタと完全に同一視していいのかは分かりませんがこのようなところにもキャラ同士の繋がりがあると考えたら面白いですね。

源と言えば鵺を退治したのも源家の源頼政だそうですね。
こう言った偉人たちを東方の世界に出そうと思うと難しそうですね。
聖徳太子は女性説があり東方の世界ではそれが本当だったという感じでしたが

それにしても天空璋はどのキャラクターの設定も凄いですよね。
あまり深い設定のない通りすがりポジションがいないですから
天空璋のストーリーは外来韋編でZUNさんが今後のオープ二ングみたいなので新しい扉、入り口と話していたので今後に期待です。