この前、記事のテーマを募集したので流石に1つくらい記事にしないとダメだなと思ったので記事にしました。
タイトルとサムネは流行りのネタをやりたかっただけです。
FullSizeRender
↑了解しました。






IMG_6949



永夜抄のキャラ設定.txtには、「永琳は咲夜を見て大変驚いたが、理由は永琳にしか分からない」という内容が書かれています。

昔、ZUNさんが運営していた幻想掲示板でこの事を質問された際に、「永琳が咲夜を見て驚いた理由については、一つのゲームになる位長いので割愛」との内容のコメントを残しました。


この事から東方界隈では咲夜と永琳には何か大きな関係があると予想されています。


・十六夜咲夜、月人説
永琳が咲夜を見て驚いた理由の予想として一番挙げられるのはこれだと思います。咲夜さんが月人と予想される理由としては、

1.外の世界か別の世界の人間と思われる。何百年も昔の人間に感じる。(求聞史紀)

2.時を操る能力は人間の中では最大級に強力な能力であり、月人である輝夜も時を操る能力を持つ。

3.永夜抄6面の真実の満月を見ても狂わなかった(霊夢と魔理沙も狂わなかったですが、妖夢は狂った)


4.永夜抄体験版の中にはPhantasmレベルのデータが入っており、名前が十六夜でした。永夜抄開発段階では咲夜に関するエピソードをここで入れるつもりだったのかもしれません。

5.十六夜咲夜と言う名前はレミリアが付けたので元の名前も生い立ちも不明である。月人なので運命により月に関連した名前を付けられたとも考えられる。

6.緋想天のスペカ発動時に目が赤くなる演出から普通の人間とは異なっている様に見られるがZUNさんの指定があったのかは不明。また紅魔郷では目の色は赤でしたがそれ以降は青である。目の色はどのキャラも作品によって変わる事がある。
咲夜月人説で調べると目の色がよく根拠に挙がりますが月人は目が赤い設定なんてありましたっけ?注目すべきは目の色が変わる特殊性の方なんですかね




・ZUNさんの回答
永琳が咲夜を見て驚いた理由をZUNさんは幻想掲示板で「一つのゲームになるくらい長い」と言っていました。しかし、2007年に放送された「萎えラジDNA  コミケット72直前スペシャル」では「言葉遊び程度のもの」「答えのヒントは儚月抄にある」とコメントしていたそうです。動画は残っていなので確認できませんでしたが調べた限り信憑性はありそうな情報でした。


「言葉遊びで答えは儚月抄にある」
儚月抄には「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)」という神様が登場します。
サクヤヒメは酒の神様でもあるため、霖之助が霊夢に神社で祀るよう勧めた事があり、鈴奈庵でも名前だけ登場しました。

儚月抄では輝夜が残した蓬莱の薬を、帝の命令で帝の使い達が富士山の火口で燃やそうとした時に、火口に住んでいたサクヤヒメがそれを妨害しました。

つまり、永琳が咲夜を見て驚いた理由は儚月抄に当時したコノハナサクヤヒメと同じ名前だったからと思われます。


それだけで大変驚くのか?そもそも「咲夜を見て驚いた」なのだったら外見的特徴かオーラに驚いたとかじゃないと納得できない。と思うかもしれませんが、公表してないだけで他に大きな理由があるかもしれませんね。

永夜抄制作当時ではゲームが一つ作れるくらいに設定を考えていたが、儚月抄制作当時ではなかった事にした可能性もあります。


ZUNさんの発言を素直に受け取れば答えは「サクヤヒメと同じ名前だった」ですが、また別の理由があり今後明かされる可能性もあると思います。
ZUNさんは二次創作しやすくする為にキャラの深い設定は明かさないのでいつになるかは分かりませんが




個人的に好きな説は永琳に全滅させられた輝夜を迎えに来た月の使者に生き残りがいて、それが地上で子孫を残したのが咲夜説
まあ月の使者はみんな永琳がお陀仏させたのでありえないですかね、儚月抄では月の使者を欺いてと書かれていますが欺いてお陀仏させられたって意味でしょうし